世紀の大円高が到来!いまこそ外貨を買おう!

外貨で勝負するなら証拠金取引(FX)で!
日本円を米ドルなどの外国のお金に交換したり、外国のお金を日本円に交換したり、さまざまな理由で2種類の通貨を交換する取引が活発に行われています。
このように外貨が取引されることを「外国為替取引」といいます。円をドルに交換することをドル買い、あるいは円売りといいますが、ドルの価格は刻一刻と変わります。
外貨預金や外貨MMFなどは、高利率の外貨を買って、利息を得る目的で外貨を持つこともあります。日本はかつてないほどの低金利が続いています。高利率の外貨商品が人気を集め、外貨を買う人が増えている背景でもあります。

外貨預金と証拠金取引

外貨預金と証拠金取引(FX)の違いは、外貨預金が主に高い金利を狙うのに対し、証拠金取引(FX)は、「為替差益」を狙います。外貨預金でも為替差益はあり、FXにも利息はあります。しかし、証拠金取引(FX)には外貨預金にはない決定的な特徴があります。
FX 証拠金取引の特徴&FX業者徹底解剖
まずは証拠金取引(FX)の基礎を学ぼう!
外貨を取引するうえで重要なポイントは、リスクを考えながら自分なりの投資スタイルを確立していくことにあります。長・中・短期と、取引する期間によっては証拠金の規模、損失を許す範囲など、資金管理も重要。FXに挑戦するためには、為替相場の動きや外貨の特徴、取引システムなどについても知っておくことが必要です。
FX初心者でもわかる!証拠金取引のキモ

FXの特徴・メリット

  • わずかな金額でも取引ができる~レバレッジ(テコの原理)
  • 「買い」だけでなく「売り」から始めることも可能
  • インターバンク市場なので24時間取引ができる
  • 毎日「利息がもらえる」-スワップ金利
  • 外貨預金と比べて手数料がダンゼン安い
  • 円が絡まない外貨同士の取引もできる
  • 資産防衛から見ても有効な投資商品

円高いらっしゃい!売りからでも入れるのがFX

売りから

外貨預金や外貨MMFなどは、外貨を買って(円を売って)、円安になったら反対の取引をすることで為替差益が出ます。しかし、証拠金取引では、外貨を売ることから取引をスタートできます。そのため、円高局面においても、利益を得るチャンスがあります。

ただし、売りから入る場合、円を高金利の米ドルと交換するため、
スワップ金利の支払いが発生することも知っておきましょう。

レバレッジをかけて少ない証拠金で取引

レバレッジ

レバレッジとは、テコの原理を言い表す言葉ですが、FXでは、少ない証拠金でその何倍もの金額のお取引が可能となります。実際のレバレッジは、1倍~最大25倍までかけることができます。

【ドル円=100円を1万ドル保有した場合】
総代金は 100円×10,000ドル=100万円
レバレッジ25倍とすれば総代金は 100万円÷25倍=4万円となります。

証拠金取引は大手証券会社のFXがお薦め

ひまわり証券
エコトレFX
手数料 ドル/円 スプレッド 信託保全
0円 1銭(原則固定) 全額保全

ドル/円スプレッド1銭[原則固定]など、主要な通貨ペアの基準スプレッドを縮小。FXレギュラー口座は約定拒否が発生しない“安心の約定率100%”。豊富なテクニカル指標はもちろん、ワンクリック注文やカスタマイズ性に優れた取引画面を有する高機能取引ツールを無料提供。